障害年金を受けるために知っておこう~制度を活用せぇよ~

こうゆう物もあります

受けるポイント

手

障害年金を申請するポイントを抑えておけば、上手に障害年金を受けることができます。正しい知識を持っておけば、間違った誤解や交渉をせずに済みます。内部障害でも障害年金は受けられるのです。

続きはコチラから

申請の条件

うつ病に羅患することで仕事が出来なくなることがあります。障害年金を貰える可能性もあるので、病気をした人は相談しましょう。

老夫婦

障害年金とは、病気やケガなどの障害によって、日常生活を送ることに支障をきたしたり、働くことに支障が出たりした場合に支給される公的年金制度のことです。申請の条件としては、一定の障害の状態えあることや、公的年金制度に加入していることなどが必要です。また、保険料の納付要件も満たしている必要があります。申請の条件である一定の障害とは、初診の日が、年金の被保険者期間中で、初診日から1年6ヶ月以上経っている体の状態のことを指します。通常通り生活を送ることができる状態や、働くことができる状態は条件を満たすことにはなりません。ただ、障害の状況によっては、その期間以内の場合でも申請することができるの確認しておいた方が良いです。

がんのような病気の場合は、また注意しておくべき点があります。人工肛門造設、喉頭全摘出など外見から体の昨日が変わった時だけ、障害年金の対象となるわけではありません。抗癌剤治療による副作用のだるさ、しびれ、貧血などの外見からはわからない症状の場合でも、仕事や生活に支障をきたすことが認められれば、障害年金が支給されることもあります。このような条件があるので、誤解している人も多いです。仕事を止めないと受給できない、会社から勧められていないので申請できない、というのは大きな誤解です。障害年金というのは、患者自信が支払った年金から支給されることになります。そのため、支給されるためには自身が申請する必要があるのです。仕事をしていて給与が支給されている場合でも申請の対象となることはあるのです。

サービスを受ける

PCで調べ物

障害年金を受けるために、自分で手続きしようと思っている人も多いですが、無知のまま行ってしまうと、もらえないということもあります。そうならないように、サポートサービスを受けるのも1つの方法です。

気になる方はコチラ

3つの種類

悩む男性

障害年金と一言で言っても、様々な種類があります。その種類は、初診日にどの年金制度に加入していたかによって変わってきます。大別すると、障害基礎年金、障害厚生年金、障害共済年金の3つに分けられます。

気になる方はコチラ

このエントリーをはてなブックマークに追加