障害年金を受けるために知っておこう~制度を活用せぇよ~

受けるポイント

手

障害年金を受けるためには、決められている条件を満たしている必要があります。基本的に障害年金は、一定の障害が生じた時に支給されることになります。この一定の障害というのは、ケガのような目に見えるような体の機能の変化だけではんかう、貧血、下痢、嘔吐などの内部障害でも該当するのです。しかし、そのような障害の場合、生活や仕事に与える支障がわかりづらいので、場合によっては受理が否決されることもあります。内部障害で障害年金を受けるためには、書類の書き方が重要になります。特に重要となるポイントは、申請者自身が記入する病歴と就労状況申立書と主治医が記入する診断書の2つです。これで、内部障害によって就労能力がどれだけ低下したのかを示す必要があるのです。

内部障害のような目に見えない症状で、障害年金を受けるためには、なるべく具体的に病歴・就労状況等申立書を記入する必要があります。具体的に書くというのは、体験やエピソードを盛り込むことです。仕事に支障をきたしていることだけではなく、それを更に証明するような生活でのエピソードなども取り入れることが大切です。書く時に思い出すというのは、なかなか難しいことなので、日々あったことを日記などに書いておくと、いざ書く時に便利に活用できます。

記事一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加